「個人を特定する情報が個人情報である」と信じているすべての方へ

EnterpriseZine / 2014年4月11日 7時0分

 高木 購入履歴や利用日時の情報も、氏名等により特定の個人が識別されるデータとして存在すれば、法律上の個人情報なんですけどね。ここを読んでいただくと、「『個人情報』とは、個人情報保護法にいう『個人情報』を指すものとし……」と条文をそのまま引いてあるのに、この食い違いはおかしいですね。

 山本 なぜそれを冒頭で掲げているのだ、ということですよね。

 高木 そうです。「履歴および特性情報」は、それ以外の「購入された商品」、「ご覧になったページ」、それから「検索キーワード」などとなっています。これらは個人情報ではないと言いたいようです。

 I 履歴情報および特性情報について

 

 1. 履歴情報および特性情報の取得

 お客様が Yahoo! JAPAN ID(以下本章で「ID」といいます)を登録される際に郵便番号や性別、職業などをお尋ねします。

 

 また、当社は、お客様が利用されたサービスやソフトウエア、購入された商品、ご覧になったページや広告の履歴、お客様が検索された検索キーワード、ご利用日時、ご利用の方法、ご利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態、ご利用に際しての各種設定情報なども含みます)、お客様のIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などの情報を、お客様が当社や当社の提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。以下「提携先」といいます)のサービスをご利用になったりページをご覧になったりする際に取得します。

 

 また、当社は、一定の場合を除いて、お客様がYahoo!メールにて閲覧されるメールを機械的に解析し、当該解析の結果を取得して広告の表示に利用します。

 山本 類例として最近よく話題になります武雄市の図書館でも、よく指摘される内容ではありますが、個人情報とは実は貸し出し履歴も含まれるというところ、これを踏まえても、「そもそも何を見たのか?」という情報を含めて本当は個人情報ですよね。個人に関する情報なので。ところが、それを「個人情報」と「履歴情報と特性情報」という形で分離するので、妙なプライバシーポリシーになりますよね。要は、「その人が何の本を読んだのか?」ということに対して、彼らは、「氏名、生年月日、連絡先」と分離して「『その人が何の本を読んだか』は個人情報とは違うものだ」と定義してしまっているので、法律上齟齬が出ているのだと僕は思います。

 高木 なぜそう間違えたかは、先程の「定義の読み方を間違っているからだ」という分析なのです。

プライバシーフリークの会[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング