なぜ、在庫を持つべきではないのか? 

EnterpriseZine / 2014年10月27日 0時0分

 一般的に在庫は”必要悪”と言われます。しかし、小売店などでは全く在庫を持たないというわけにもいきません。店頭に商品が無くなってしまうので売れなくなってしまいます。そして、製造業では部品在庫や素材の在庫がなければ、製造できません。そう考えると、在庫はたくさん持つべきでしょうか?それとも、一般論に従うべきでしょうか?

■在庫が"必要悪"と言われるわけ

 本文のはじめにある通り、一般的に在庫は必要悪という風に言われます。

 小売り店では店頭に商品が無くなってしまえば、すべて予約販売ということになります。みなさんは、例えば大手電気店に行って買いたいものが持ち帰れないとしたら、その商品をその店で買いますか。多くの場合、買わないでしょう。

  消費者にとってその場で目的の商品が購入できるというのは、小売店のあるべき姿だろうと考えられます。受注生産の製造業を除いて、いわゆる見込み生産をする製造業ではある程度の製品在庫を持たなければなりません。これは、さきほどの消費者対小売店と同じようなビジネスモデルと考えて良いでしょう。

 つまり、在庫は持たなければならないものなのです。では、一般的に在庫を持つことによるデメリットやメリットについて考えていきましょう。

■在庫があることによるデメリット

 はじめに、在庫があることによるデメリットを見てみましょう。ここでは適正な在庫量を持っているということではなく、適正と考えられる以上の在庫を持っていると、考えることにしましょう。さぁ、在庫が多すぎるとどんな問題が起きそうでしょうか。

在庫を置く場所が必要になる
在庫を探したりする、管理する手間が増える
そもそも仕入量が増えている
つまり、コストがかかる

 在庫を持つことは、流通業で言えば仕入れを増やすことになりますから、当然コストがかかることになります。

 また、一般的には多くの企業が運転資金と称して、仕入れのためのお金を銀行から借りているケースがあります。

 となると、借りたお金で在庫を買っていますから、在庫を眠らせるということは借入金を眠らせることと同じになります。

 借入金には利子はつきものです。しかし、在庫は眠らせていても、その量が増えるわけではありません。むしろ、在庫は1秒1秒陳腐化していき、価値が減ってしまうものと考えるべきです。

 利子がつく一方、在庫は陳腐化していくのでは踏んだり蹴ったりです。このように考えると、在庫過剰に持ちすぎるのは企業経営を圧迫していくひとつの要因になりうるわけです。

佐川 博樹[著]

【関連記事】
退職者も委託業者も、企業の管理責任となる前提で対策を-グローバル情報セキュリティ調査2015
マイナンバー制度、短期的には地方自治体で、長期的には金融、医療などで利用拡大―矢野経済研究所調査
ニック・ジョーンズさん、IBMとAppleの提携は本当に衝撃なんでしょうか
Salesforceは「WAVE」に乗れるか?―Dreamforce 2014基調講演レポート
調達時:RFPとベンダー選定の基準作り―あいまいな基準から納得できる結論は出ない!

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング