これからは「クラウド・インテグレーター」という存在が重要になる!

EnterpriseZine / 2014年10月30日 0時0分

 セールスフォース・ドットコムの年次イベント「Dreamforce 2014」の会期中、何度も耳にしたのが「スピード」という言葉。そして、クラウド時代に求められる「ビジネスのスピード」を実現する新たなソリューションとして発表されたのが「Salesforce1 Lightning」だ。これ、セールスフォース・ドットコムの言うところによると「最速のモバイルアプリケーション構築ソリューション」とのことだ。

■LightningとSkyVisualEditorは共存するもので競合するものではない

 ところで、Salesforce上でアプリケーション開発を素早く行うソリューションとしては、テラスカイが提供している「SkyVisualEditor」がすでにある。テラスカイは、クラウド環境でシステム・インテグレーションを行う「クラウド・インテグレーター」であり、SkyVisualEditorを活用しSalesforce上での数多くのアプリケーション開発実績がある。米国法人も設立しており、日本だけに止まらず幅広いビジネスを展開している。

 そんな同社は、先日セールスフォース・ドットコムから出資を受けたばかり。セールスフォース・ドットコムにとっては重要なパートナー企業だ。にもかかわらず、競合しそうなLightningの登場で、SkyVisualEditorの立場は、そしてテラスカイの立場はどうなってしまうのだろうか。

 テラスカイ 代表取締役社長 佐藤秀哉氏は次のように語る。

 「Lightningは従来Visualforce 2.0と呼んでいたAuraベースのフレームワークのようなものです。こういったものが新たに出てくることは予想の範囲でした。発表されたものは想像を超えるものではなかったのですが、Lightningの見せ方がうまかった。結果的に身を超える期待感を創出することにセールスフォース・ドットコムは成功したと思います」
テラスカイ 代表取締役社長 佐藤秀哉氏

 Lightningは用意されたコンポーネントを利用しSalesforce1をプラットフォームに素早くアプリケーションを構築できる仕組みだ。

 「Lightningはコンポーネントを配置する仕組みです。Lightningで使うSalesforceの標準機能コンポーネントなりは用意されると思いますが、ユーザーが使いたいそれら以外のロジックを持った画面のコンポーネントは、結局は誰かがVisualforceで構築し用意しなければなりません。それはいったい誰がどうやって作るのでしょう。じつはそこは、SkyVisualEditorが得意としているところです」(佐藤氏)

 つまり、LightningとSkyVisualEditorは、競合するものではなく共存するものだということ。SkyVisualEditorで作ったコンポーネントを、Lightningを使って容易に配置し、アプリケーションを素早く構築するという使い方になるという。

谷川 耕一[著]

【関連記事】
ナノオプト・メディア、「究極のハイブリッドクラウド活用セミナー」を12月5日に開催
クラスキャット、Web会議、BYODによるテレワーク統合サービスをSoftLayerベアメタルで提供
NEC、「Express5800シリーズ」にクラウドサービスパッケージ製品と新機種を発表
スーパーストリーム、クラウドとオンプレミスのファイル連携を容易にする接続オプションを提供
IBM、デジタル・マーケティングを包括的に管理するSaaS型ソリューション

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング