日産 行徳氏「ベンダーはCIOとCMOをぶつけたがっている。大事なのはオープンなコラボレーション」

EnterpriseZine / 2014年11月6日 17時20分

 10月28~30日に開催された「ガートナー シンポジウム/ITxpo 2014」の初日のゲスト特別講演に、日産自動車アライアンス グローバルVP 常務執行役員 CIO グローバルコーポレートIS/IT担当の行徳セルソ氏が登壇。「日産自動車のグローバルIS/IT戦略『VITESSE』における“Digital Strategy”」と題し、グローバルIS/IT戦略「VITESSE」の概要とデジタル戦略を解説した。

■「最近のベンダーは、CIOとCMOをぶつけたがっている」

日産自動車アライアンス グローバルVP
常務執行役員 CIO グローバルコーポレートIS/IT担当
行徳 セルソ氏

 「日産自動車に入社して今年で10周年。『(成果を出して)5年で辞めると言っていたじゃないか』と友人にからかわれるが、確かに見通しは甘かった。10兆円規模の企業になるとこのくらいかかるということ。でも、まだまだこれからだと思っています」

 ゲスト基調講演に登壇した行徳氏は、冗談交じりにそう語りながら、日産のこれまでの10年と、今後の展望を解説していった。ご存知のように、行徳氏は、日産のCIOとしてカルロス・ゴーン氏の改革をITの側面から支えてきた。ビジネス戦略「日産180」に続き2005年から始まった「日産バリューアップ」では、IT戦略「BEST」プログラムを推進し、IS/IT部門のグローバル統合と効率化の立役者となった。

 現在は2011年からのビジネス戦略「Nissan Power 88」に基づいたIT戦略「VITTESSE」を進行中だ。上司は、ルノー・日産アライアンスのゴーン議長、日産CFOのジョセフ・ビーター氏、ルノーEVP兼COOのティエリー・ボロレ氏の3氏。担当する組織は、国内の日産グローバル IS/ITのほか、フランスのルノーIS、合弁のシステム子会社のルノー・日産インフォメーションサービシズ、インドのルノー・日産テクノロジービジネスセンター(RNTBCI)、ルノー・日産シリコンバレーオフィスの5組織にまで拡大している。ルノー・日産のグローバルCIOとして、IS/ITのすべてに責任を持つ立場だ。 行徳氏は、そうした自らの立場について、近年のITのキーワードの1つであり、シンポジウムのテーマにもなっている「デジタルマーケティング」に絡めながら、こう述べた。

 「最近のベンダーはCIOとCMOをぶつけたがっています(笑)。CIOは仕事をしてくれないので、デジタルの分野では、CMOなどのビジネス側がリードして施策を実行すればいい、ビジネスを知っているので失敗もしないというわけです。でも、誰がやっても失敗はします。ルノーと日産は2社ですから、私のほかにも、CMO(最高マーケティング責任者)やCDO(最高デジタル責任者)がそれぞれいます。大事なのは、どっちがいいかや、プレイヤーとしての個人の評価ではなく、オープンなコラボレーションができるかどうかです」

EnterpriseZine編集部[編]、齋藤公二[著]

【関連記事】
第8回 そのシステム、何のために導入したのでしたっけ?
あなたの会社の「在庫」を減らすには?需要予測とリードタイム短縮はITの得意分野
「民間は行政の持っているデータの価値を奪いに来て欲しい」川島宏一氏が語るオープンデータの持つ潜在力
「文化」を変えていくには、リーダーシップ、パーソナルブランド、ガバナンスの3つに注目せよ
第7回 ベンダが勝手に機能を追加した!それでも費用を払うべき?

EnterpriseZine

トピックスRSS

ランキング