東信と椎木俊介のクリエーションに触れる最新植物図鑑【恵文社一乗寺店オススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2015年4月1日 21時0分

「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS 2 植物図鑑」東信(著)、椎木俊介(写真)

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週水曜日は、京都に店舗を構える、本と本にまつわるあれこれをセレクトしたショップ、恵文社一乗寺店(京都市左京区一乗寺払殿町10)がオススメする書籍を紹介します。

■「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS 2 植物図鑑」東信(著)、椎木俊介(写真)

「植物図鑑」と銘打ちながらも、写真には一切テキストが添えられず(巻末にクレジットが付されている)植物図譜にあるような標本写真とは一線を画する、群れ、咲き誇る姿が淡々と続く圧巻の1冊。

「オートクチュールの花屋」を営む、著者・東信と、写真家・椎木俊介による、園芸でもアートでもない花々による表現は、他では得難い迫力がある。図鑑でも写真集でもない、ページを開いて、匂い立つような花のオーラを楽しむ体感型の書物。花束の代わりに本書をプレゼントするのも一興。

【書籍情報】
「ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS 2 植物図鑑」
著者:東信
写真:椎木俊介
出版社:青幻舎
言語:日本語
ソフトカバー/512ページ/250x170x40mm
発刊:2012年
価格:3,200円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング