エルザ・ウィンクラーでファビュラスな週末を【15-16AWウィメンズ】

FASHION HEADLINE / 2015年4月12日 20時0分

エルザ・ウィンクラー15-16AWコレクション

デザイナー・中井英一朗によるウィメンズブランド「エルザ・ウィンクラー(ELZA WINKLER)」15-16AWコレクションは、しっかりとした仕立てとデザインの内に中井のバックグラウンドにあるアレキサンダー・マックイーンのテイストが見え隠れする。

テーマは「T.G.I.F.(Thank God, It's Friday)」。英語で週末を迎える嬉しさを表現するこのフレーズをキーワードに、パーティーなど夜のイベントに出掛けるイメージを服に落とし込んだ。アクセントカラーをレッドに、少し官能的な雰囲気を漂わすガーメントがそろった。

質感やボリューム感などタックをたたんだドレス、コットンに加工し、光沢を出したロングフレアスカートなど、動きのあるアイテムはパーティーシーンを連想させる。合わせてラグジュアリー感を与えるのが、毛並みがゴージャスな黒のフェイクファージャケット。これはドイツ・シュタイフ社製のモヘア入りテキスタイルを使用し、独特の黒の質感が光る。

襟にドレープを出したPコートやトレンチ、透け感のあるウールを用いたテールシャツ
はやり過ぎないデザインながら個性を放つアイテム。定番のトレンチはウールやカシミア100%の秋冬仕様が登場。重衣料の身体にフィットする美しいシルエットは言うまでもない。

今季はルックブックを製作した。背景やメイクを2シーンに変え、ブランドコンセプト「クラシック&クリエーティブ」を表現している。来シーズンからは海外での発表も視野に入れているそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング