モードとアートが融け合う、アールデコ調のバリーの新作パンプス【Today's item】

FASHION HEADLINE / 2015年9月3日 17時30分

プリナ(PLINA) ヒール9cm 9万8,000円/バリー

バリー(BALLY)の15-16AW新作シューズ「プリナ(PLINA)」(ヒール9cm 9万8,000円)は、エナメルのグラマラスなムードとプレイフルな色味が特徴の一足だ。

ひねりを加えた深みのあるレッドのアッパーとダークグリーンのヒール。補色のコントラストがレトロなムードを引き立てるが、バックヒールにあしらわれた白の球体や黒の三角錐のディテールは、むしろアールデコ調であり、クラシカルで大人っぽい印象に仕上がっている。

今季のバリーはウェス・アンダーソンの映画からインスピレーションを得ており、このヒールも、彼の代表作『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』でグウィネス・パルトロウが演じたマーゴ・テネンバウムが履いていそうなイメージ。彼女のように、アンニュイなムードの中に鋭い個性を感じさせる。

他に色違いでエメラルドカラーも展開される。

<問い合わせ先>
バリー 銀座店
TEL:03-6215-6609

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング