ELLE cafeからオーガニックハーブやフルーツを使った5種のハーブティー

FASHION HEADLINE / 2015年11月24日 12時0分

ハイビスカスやローズヒップ、ラズベリーなどを使用した「ベリー」

エルカフェ(ELLE cafe)が12月1日、オリジナルハーブティー「インナーハーブ(INNER HERB)」を発売する。

国内のオーガニック製法で育てられたハーブやフルーツを用い、効能目的別のブレンドで仕上げた同ハーブティー。ハイビスカスやローズヒップ、ラズベリーなどを使用した「ベリー」は、メラニンの生成を抑え、紫外線によるシミやそばかすなどを防いでくれる。レモングラスやブルーマロー、ラベンダーなどからなる「クレンズ」は、整腸をサポートしてくれるため、胃腸の重さを感じるときには最適だ。

その他、緊張状態をときほぐしてくれる、カモミールやオレンジなどをブレンドした「シトラス」や、血のめぐりをケアしてくれるビーツやジンジャーなどを用いた「ルーツ」、妊娠や授乳中の人におすすめのルイボスやローズぺタルを含んだ「ミルキー」を加えた5種類を展開する。価格は各2,800円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング