デンマークの高級チョコレートブランド、サマーバード オーガニックが日本初のブティックをオープン

FASHION HEADLINE / 2016年2月13日 14時0分

サマーバード オーガニックが日本初となるチョコレートブティックを南青山にオープン

高級デンマークチョコレートのブランド・サマーバード オーガニック(Summerbird Organic)が2月13日、日本初となるチョコレートブティック(東京都港区南青山5-5-20)を東京・南青山にオープンする。

サマーバード オーガニックは1986年、「自然からインスピレーションを」をコンセプトにショコラティエのミカエル・グロンルッケ(Mikael Gronlykke)が立ち上げたチョコレートブランド。“サマーバード”は、デンマーク語の“蝶々”を英訳したのが由来。ミカエル・グロンルッケは世界中を旅しながら最も美味しい原材料を専門農家から取り寄せることに力を注いでおり、現在ではデンマーク政府より100%オーガニックの認定を受け、徹底した品質の“ビーン トゥ バー”商品を提供している。

今回オープンする日本第1号店となるブティックの面積は約100平方メートル。チョコレートラボを併設しており、カフェでゆっくりとくつろぎながらブランドを代表するスイーツである「クリーム キス」(1ピース 600円)のクラシック、アンバー、ホワイトという3種のフレーバーを食すことができる。「クリーム キス」は、デンマークで子供から大人まで深く親しまれている伝統的なスイーツ。100%オーガニックとなっており、アーモンドペーストをベースに、マシュマロのようなメレンゲクリームを繊細なチョコレートで薄くコーティングした。その他、カフェではオーガニックティーやコーヒー、チョコレートドリンクなどの100%オーガニックメニューがロイヤル コペンハーゲンの食器に乗せられて提供される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング