メゾン マルジェラ、ガリアーノ革命によるアバンギャルドの復権【16-17AWウィメンズ】

FASHION HEADLINE / 2016年3月25日 10時0分

メゾン マルジェラ16-17AWウィメンズコレクション

ジョン・ガリアーノ(John Galliano)によるメゾン マルジェラ(Maison Margiela)16-17AWコレクションは、ガリアーノの機知に富んだアイデアが見事に反映される内容となった。

オーセンティック、ローコア(row core)、ヒューマン・グリッジ(不協和音・不和)の3つのキーワードを掲げて、トレンチやポロシャツなど、オーセンティックでノームコアなアイテムにひねりを加え、相反するものを1つのアイテムに同居させるという、遊び心を感じさせるアイテムで構成。

ローコアはノームコアに連なる言葉として捉え、誰しもが心の中に抱えるエキセントリックな側面を表に出す、という意味合いを持たせたという。新キャラクター、マルジェレット・マウスのプリントをパッチワークしたトレンチや、チュールのラフルが飛び出したミリタリージャケット、ファーとレースを袖に配したカーキのジャケットなど、内面に抱える強さを表面化させたエキセントリックなアイテムばかり。

リュレックス素材のポロシャツには、先述のマルジェレット・マウスプリントのファブリックをバイアスにパッチワーク。至極普通のアイテムを普通ではないものに仕上げる。そうして見る者を圧倒し、自らの世界に迷い込ませる手練手管はガリアーノならではだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング