渋谷パルコ“締めくくり展”第1弾は蜷川実花!窪塚洋介、綾野剛、猪子寿之らのポートレートを公開

FASHION HEADLINE / 2016年6月4日 20時0分

蜷川実花による写真展「IN MY ROOM」が渋谷パルコパート1・3階のパルコミュージアムで開催

蜷川実花による写真展「IN MY ROOM」が、6月18日から7月4日まで渋谷パルコパート1・3階のパルコミュージアムで開催される。

同展は、8月7日に一時休業をするパルコミュージアムの締めくくりに、渋谷パルコと縁の深いアーティストたちによる3つの展覧会を行う企画「SHIBUYA PARCO MUSEUM FINAL EXHIBITIONS」の第1弾となるもの。会場では、6月30日に発刊される蜷川の写真集『IN MY ROOM』から収録作品を展示する。『IN MY ROOM』は雑誌『EYESCREAM』の人気連載「蜷川実花のプライベートモード」が書籍化したもので、今最も旬な“オトコたち”を、プライベートモードに捉えた写真作品が綴られている。選ばれた“オトコたち”は、窪塚洋介、永瀬正敏、綾野剛、斎藤工、村上淳、渋谷慶一郎、妻夫木聡、金子ノブアキ、松山ケンイチ、早乙女太一、大森南朋、玉木宏、猪子寿之、堂珍嘉邦、伊勢谷友介、浅野忠信、坂口健太郎、東出昌大など。

蜷川実花は、2001年「第26回木村伊兵衛写真賞」受賞発表の後に新作写真展「まろやかな毒景色」をパルコギャラリーで開催。以降、2003年「Liquid Dreams」、2008年「蜷川妄想劇場」、2012年「へルタースケルター」と継続的にパルコで個展を発表してきた。2007年には初監督作品となる映画『さくらん』の展覧会「さくらん極彩色絢爛展」をパルコミュージアムで開催、監督2作目となる映画『へルタースケルター』ではパルコの広告に起用されるなどした、パルコゆかりのアーティストである。

【イベント情報】
「IN MY ROOM」
会場:パルコミュージアム(渋谷パルコパート1、3階)
住所:渋谷区宇田川町15-1
会期:6月18日~7月4日
時間:10:00~21:00(7月4日は18:00まで、入場は閉場の30分前まで)
入場料:一般500円、学生400円、小学生以下無料

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング