サプールに訊く“私が着飾る理由”--イバラ・ルノー(42歳・ショップ販売員)【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2016年7月30日 18時0分

「上下揃いのスーツではなくて、ジャケットに違う色や素材のパンツを合わせるのが好きだ」と語るサプールのイバラ・ルノー

ファッションを愛する男たちが、この夏コンゴから来日した。平均月収3万円という貧しい国に暮らしながらも、オシャレに着飾ることで、世界中にファッションの持つ力を教えてくれる彼ら。

FASHION HEADLINEでは、来日したサプールメンバー6人、一人ひとりに7つの質問を投げかけた。

ブリティッシュグリーンのタータンチェックのジャケットに身を包んだイバラさん。穏やかな口調は紳士然としていて、スマートだった。

Q1:サプールを始めたきっかけは?

今のサプールは、コンゴの人気ポップ歌手パパ・ウェンバ氏の影響を受けています。私も強く影響を受けたひとりです。彼に憧れて、お洒落をするようになりました。

Q2:ファッションの楽しさを覚えたのはいつ?

14歳くらいの頃でしょうか。すでに仲の良かったグループでは、日々着こなしを競い合っていましたね。

Q3:スタイリングのこだわりは?

上下揃いのスーツではなくて、ジャケットに違う色や素材のパンツを合わせることです。サプールでもレベルの高い着こなしとされています。

Q4:好きなデザイナーやブランドは?

フランスのブランド「アーサー&フォックス(Arthur and Fox)」です。

Q5:来日するにあたり楽しみにしていたことは?

テレビなどで日本の情報を得ていましたので、いつか行ってみたいなと思っていました。来日自体が夢のような体験です。

Q6:あなたにとってのファッションの魅力とは?

民族間の違いもあるのでしょうが、コンゴの男性は喧嘩っ早いんです。ですが、いい服を身につけていると、汚したり、破ったりしたくないですから、自ずと振る舞いも紳士的になる。お洒落をすると、争いが減るんです。

Q7:これからの夢を教えてください

もっと豊かな生活を送れるように、仕事もサプールの活動も頑張りたいですね。妻はパリに行くことが好きですから、もっと連れて行ってあげたいです。




今回、写真集『THE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン』(撮影:茶野邦雄)や沖縄で開催中の写真展『アフリカ大陸コンゴの世界一おしゃれな紳士“サプール(SAPUER)”写真展 THE SAPUER』のプロモーションを兼ねて来日したサプールメンバー。下記のインベントや写真集でも、彼らのファッションやスタイルを間近に知ることが出来る。

【写真集】

タイトル:THE SAPEUR~コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン
著者:茶野邦雄
出版社:オークラ出版
価格:2,700円

【写真展】
タイトル:アフリカ大陸コンゴの世界一おしゃれな紳士“SAPUER(サプール)”写真展
日時:開催中~8月31日
場所:沖縄県沖縄市久保田3-1-12
プラザハウスショッピングセンターフェアモール3F ライカムアンソロポロジー
入場料:500円(中学生以下無料)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング