世界に一足だけ、プラダがパンプスのメイド・トゥ・オーダーサービスを限定店舗で実施

FASHION HEADLINE / 2016年12月8日 10時0分

プラダがパンプスのメイド・トゥ・オーダーサービスを日本各地で開催

プラダ(PRADA)が限られた店舗でパンプスのメイド・トゥ・オーダーサービスを期間限定で実施している。

プラダ青山店で常設されている同サービスは、ブランドのアイコニックなアーカイヴプリントやリボンを施したベーシックパンプスをカスタマイズすることが出来るというもの。ベースとなるシューズはこの度新たに加わったチャンキーヒールを始め、ベーシックパンプス、オープントウ、プラットフォーム、スリングバック、リボンパンプスなど全18モデルが用意され、スタイルによってはヒールの高さも選ぶことが出来る。

素材では、今回が新登場となるベルベットを始め、クロコダイル、オーストリッチ、パイソン、リザード、アイヤーズ、スエード、シルクサテン、プラダの伝統的な素材の「サフィアーノ」にパテントを施したカーフレザー、パテントレザー、メタリックレザー、ゴートレザー、ブラッシュドカーフ、レオパードプリントを施したヘアカーフの計14種類を用意。それぞれクラシックカラーからシーズナルカラーまで豊富なカラーで展開される他、素材によってはブランドのアーカイヴで登場したリップやジオメトリック柄のプリントを選ぶことも出来る。

アウトソールはスムースレザーのブラック、ライトピンク、ブルーの3色、または「サフィアーノ」レザーのブラック、ライトピンクの2色から選択が可能。その他、アウトソールのプラダロゴの下には自分のイニシャルを施すことも出来る。さらに、オーダーシューズに合わせたスペシャルパッケージも用意。納期は注文から約4ヶ月で、価格は既製品の価格+20%のチャージ料となっている。

同サービスの実施期間は、大阪心斎橋店が12月8日から14日まで、そごう広島店が17年1月13日から19日まで、大丸梅田店が17年1月25日から31日まで、プラダ シューズ梅田阪急4階店が17年2月4日から12日まで。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング