グランド ハイアット 東京の“節分”は、ブラックタイガーを丸ごと一尾!バラエティー豊かな恵方巻きメニュー

FASHION HEADLINE / 2017年1月4日 13時0分

チャイナルーム「恵方春巻き」(3,200円)

グランド ハイアット 東 京では2月3日の節分に向けて、豪華食材を使った恵方巻やコブサラダをトルティーヤで巻いた恵方巻などバラエティー豊かな恵方巻メニューを提供する。

チャイナルームでは17年1月28日から2月3日まで、恵方巻に見立てたユニークな「恵方“春”巻」(3,200円)を提供。春巻きの中には、約30cmのブラックタイガー丸ごと1匹(約200g)に加え、タラバ蟹、ホタテ、イカ、トビッコ、キクラゲ、タケノコ、黄ニラなどの豪華な食材がふんだんに詰め込まれた。春巻きの皮とカダイフで巻いてから揚げており、ぷりぷりとパリパリの食感が楽しめる食べごたえたっぷりの恵方春巻きとなっている。

また、チャイナルームでは同期間、中国で春節(旧正月)に欠かせない料理として伝統的に食べられている「ねんごう」も提供。蜜状にした黒糖に白玉粉や餅粉をまぶし、3時間蒸したオリジナル「ねんごう」を用意した。

その他、オーク ドアでは17年1月30日から2月5日まで、鶏肉とトマト、アボカド、卵、オニオン、ブルーチーズ、ベーコン、レタスをトルティーヤで巻いた西洋風恵方巻(2,200円)を提供。六縁では17年2月3日限定で、例年即予約完売となる大好評の恵方巻(2,500円)を100本限定で販売。松葉ガニ、穴子、数の子、菜の花、筍、玉子焼、しいたけなど、寿司職人の熟練技が光る逸品となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング