親しみ感じる、ディーゼル ブラック ゴールドのノスタルジックなアーバンルック【2017-18秋冬ウィメンズ】

FASHION HEADLINE / 2017年3月23日 19時0分

ディーゼル ブラック ゴールド2017-18年秋冬ウィメンズコレクション

2月24日、ディーゼル ブラック ゴールド(DIESEL BLACK GOLD)がミラノにて2017-18年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。工事現場の足場が組まれ、インダストリアルな雰囲気に包またショー会場を、モデルが闊歩した。今季はロング・アンド・リーンなシルエットを主役に、クラシックなスタイルを解体・再構築して新しいアーバン・アティチュードを紡ぎ出す。

ファーストルックはタートルネックのマキシニットドレスにスエードレザーのロングベスト、ドレスと同ニットの指先がカットされたグローブ。このマキシニットドレスはレイヤードされて繰り返し登場し、結果的にコレクションのロングシルエットを特徴づけるアイテムとなった。解体されたエレメントはグローブだけでなく、取り外しが可能なリブニットの襟やスリーブ、カフス、シュラッグと変幻自在に姿を変えた。

オーセンティックなスタイルであるロングシルエットのシェアリングバイカージャケットは、レザーのトレンチコートやフロントジップのマキシスカートに変化し、テーラリングウエアはトラウザースカートやエプロンドレスへと再構築され、新たな目的を持つルックへとアップデートされた。

メンズのワードローブから取り入れたピンストライプのスーチングウール、グレンチェック、コーデュロイといったファブリックが揃う一方で、マイクロジオメトリックプリントのシルクシフォン素材のドレスは軽快に風に舞っていた。足元を飾ったのは、機能性の高いレザーとスエードのスニーカー。

ジッパーやベルト、ボタンの開閉によってシルエットを自由に変えることのできるスポンテニアスの要素は随所に見られ、思い思いの着方を楽しめるアイテムとなりそうだ。ロングシルエットは動きがありコレクション全体に活気を感じられたが、同時に過去のファッションへのノスタルジアによって親しみも強く感じるコレクションであった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング