ロエベが新しいホームコレクションをミラノで発表。家具からオブジェ、バッグなど様々に

FASHION HEADLINE / 2017年4月9日 12時0分

ロエベがミラノサローネ国際家具見本市にて「LOEWE:THIS IS HOME」を発表

ロエベ(LOEWE)が、クラフト技術を新しいフォームに進化させたホームコレクション「LOEWE: THIS IS HOME」の新作を、ミラノサローネ国際家具見本市にて発表した。

2015年から3回目の出展となった今回は、クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンが、家具、ランプ、毛布、陶磁器、クッションなど、複数のカテゴリーをまたいで構成し、複合的なクラフト(工芸)のランドスケープにまとめられた。

同コレクションで注目すべきは、“装飾性”と“機能性”との境界を曖昧にしている最も顕著なアイテムと言える、男性の等身大の複数の裸像をウールで編み上げた抽象芸術的な壁飾りと、アンダーソンとロバート“マウスマン”トンプソンという5代にわたる家具職人とのコラボレーションにより完成した陶磁器だ。

また、ミラノサローネ展示後は、ロンドンを代表するデパート、リバティ(Liberty)にて5月1日から21日まで展示され、パリ、マドリードと幅を広げていく予定だ。さらに、同展開催を記念して作られたサローネ コレクションのスターモチーフで飾られたトートバッグとポーチのスモールラインを発表し、日本では10月上旬にローンチされる予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング