ジェレミー・スコットがモスキーノの新クリエーティブディレクターに就任

FASHION HEADLINE / 2013年10月29日 12時0分

写真

ジェレミー・スコット氏。「ジェレミー・スコット」14SSコレクションショーフィナーレにて。

「モスキーノ(Moschino)」が、ジェレミー・スコット(Jeremy Scott)をクリエーティブディレクターに任命したことを発表した。ジェレミーによる初のコレクションは2月に開催される14-15AWシーズンのミラノファッションウィークで発表される。

今年で30周年のモスキーノは、創業時にデザイナーとしてかかわった、ロッセラ・ヤルディーニ(Rosella Jardini)が1994年からクリエーティブディレクターとしてブランドを率いてきた。

ジェレミーは、アメリカ・カンザスシティに生まれ、1992年にニューヨークに移住。ファッションデザインをプラット・インスティチュート(Pratt Institute)で学んだ後、1996年にパリに移り、自身のブランドをスタートした。ニューヨークでコレクションを発表し、CFDAの新人賞を獲得するなど活躍した後、2002年にアメリカ・ロサンゼルスに拠点を移した。リアーナやマドンナ、ケイティ・ペリー、M.I.Aなども顧客に持つ。他ブランドとのコラボも積極的に展開しており、2003年からは「アディダスオリジナルス(adida Oigials)」とコラボレーションし、ぬいぐるみが付いたスニーカーなどインパクトのあるアイテムを発売し、世界中でヒットしている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング