TOKYOの旬をエキナカから。エキュート東京がリニューアル・オープン、八重洲口グランルーフのイルミネーションは23日から

FASHION HEADLINE / 2013年11月18日 19時0分

写真

東京駅グランルーフ・クリスタルイルミネーション

開業から3年半を経て、エキナカ商業施設「エキュート東京」が初のリニューアルを行う。11月22日、新たに6つのショップがオープンし、うち5店舗が東京駅限定ショップだ。

「TOKYOの旬」をコンセプトに、今回リニューアル・オープンするのは、スウィーツ&グッズゾーン。スウィーツゾーンには新たに4店舗がオープンし、東京の農業活性化を推進するプロジェクトの一環としてご当地スウィーツを展開する「TOKYOの畑から」など、3店舗が東京駅限定。また、グッズゾーンでも、丁寧なものづくりにこだわったジャパンメイドのオリジナル雑貨を扱う「ボンチステーション」など2つの東京駅限定ショップがオープンし、新「TOKYO雑貨」を展開する。

クリスマスシーズン中、さまざまな場所がクリスマス装飾やイルミネーションで彩られる東京ステーションシティ。9月にオープンした東京駅八重洲口の「グランルーフ」では、“人と人とをつなぐ光の架け橋”をコンセプトに、約230メートルのデッキをLEDライトで彩る『東京駅グランルーフ・クリスタルイルミネーション』は11月23から2014年1月13日まで開催。12月21日から25日の5日間は、来場者のオリジナルメッセージをレーザー光線で投射するイベント「グランルーフ・クリスマスフォトスポット」も行われる。

ここでしか買えないクリスマスケーキやスウィーツ、オードブルもいろいろ。間もなく迎えるクリスマスシーズンを東京駅で楽しみたい。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング