セゾングループ創設者、堤清二(辻井喬)逝去

FASHION HEADLINE / 2013年11月28日 17時0分

11月28日、セゾングループ創業者の堤清二氏が亡くなったことが判明した。11月25日2時5分逝去。86歳だった。辻井喬の筆名で小説家としても活躍していた。

1927年3月30日生まれ。父親は西武グループ創業者の堤康次郎氏。1951年東京大学卒業後、康次郎氏の秘書を務め、54年西武百貨店入社。64年康次郎氏死去に伴い、西武グループの流通部門を継承。グループの総帥は異母弟の堤義明氏となる。70年グループ本体から独立して西武流通グループ(後のセゾングループ)を形成する。

ホテル経営、リゾート開発の他、パルコの展開、無印良品の立ち上げ、六本木の伝説的レコードショップ「WAVE」、セゾン美術館開館など文化的事業も手掛け拡大路線を取る。

しかしバブル崩壊により、91年セゾングループ代表辞任。後は作家活動を精力的に行う。2012年文化功労者に選出されている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング