ヴィクター&ロルフはフレッシュな不良【14SSパリウィメンズ】

FASHION HEADLINE / 2013年12月6日 9時0分

写真

ヴィクター&ロルフ 14SSコレクション

「ヴィクター&ロルフ(Viktor & Rolf)」の14SSコレクションでは、パンクなスクールスタイルが提案された。

伝統的な制服スタイルを解体し、不良っぽさを加えて再構築。ネイビーのブレザーとプリーツスカートは、ワンショルダーのミニドレスにアレンジされ、白のシャツやチェックのトップスには、スタッズをグラフィカルに施して反骨精神を表現。プリーツも多用され、ラインを歪ませたプリーツを体に沿わすようにデザインしたドレスや、折り紙のようなユニークな構造のプリーツスカートなど多彩なデザインで登場した。

トップスはコンパクトにまとめ、ボトムスはプリーツスカートや膝丈のフレアパンツでボリュームを出したシルエットがメイン。

カラーパレットも、白、黒、グレー、そしてネイビーのユニフォームカラー。エンブレムやアーガイル柄もキーモチーフとなり、パッチワークやビーズ刺繍で表現されている。ボンディング素材のスウェットや、ビニールのポケット、スプレーで落書き風にペイントされたTシャツなど、スポーティーな要素も取り入れた。

小物も、安全ピンのイヤーカフや安全ピン型の留め具が付いたクラッチ、封筒型のバッグなどスクール&パンクなムードで統一。シューズはローファーをアレンジしたラバーソールのミュールがスタイルにハズしを加えている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング