2013ミス・インターナショナルはフィリピン代表。世界一の美女はローズ

FASHION HEADLINE / 2013年12月18日 22時0分

写真

2013ミス・インターナショナルはフィリピン代表ベア・ローズ・サンチャゴ(Bea Rose Santiago)に決定

2013ミス・インターナショナル世界大会が12月17日、東京・品川プリンスホテルにて開催された。自民党総務会長の野田聖子、内閣総理大臣夫人の安倍昭恵、東京藝術大学学長の宮田亮平、アートディレクターの勝井三雄、コシノジュンコら14名が審査員を務めた。

民族衣装と水着による審査の後、特別賞が発表。「ミス・ナショナルコスチューム」は、グリーンのカーニバル衣裳を着こなしたアルバ代表のエリアルダ・クロース(Erialda Josaine Croes)に決定。コシノ氏は、「民族衣装審査は、2020年を彷彿とさせる美のオリンピックと感じた。ミス・インターナショナル選出のポイントは、健康的で明るく、自分らしさを持って世界に貢献できるタイプであること」とコメント。

ウェブ投票による「ミス・インターネット」に決定したマカオ代表のアデラ・カワイ・ソウ(Adela Ka-Wai SOU)、9日のプレス発表会で記者により「ミス・フォトジェニック」に選ばれたリトアニア代表のエルマ・セグダヴィチウト(Elma Segzdaviciute)らも、それぞれ表彰された。

その後ミス達はイブニングドレスに着替えて登場し、マライア・キャリー(Mariah Carey)の『アイルビーゼア(I’ll be There)』に合わせ、バラの花束を掲げての群舞を披露。セミファイナリスト15名が選出されたが、グリーンのイブニングドレス姿を披露した日本代表の高橋有紀子は落選した。

ウォーキング審査を経てファイナリストに選出された5名は、30秒間のスピーチを披露。「世界中に希望のメッセージを伝えたい」と語ったフィリピン代表のベア・ローズ・サンチャゴ(Bea Rose Santiago)が、2013ミス・インターナショナルに決定した。ベアは旅行とダイビングが趣味の23歳。チャリティーに強く興味を持っているという。2位はオランダ代表のナタリー・デン・デッカー(Nathalie den Dekker)、3位はミス同士の投票による「ミス・フレンドシップ」も獲得したニュージーランド代表のケイシー・ラドリー(Casey Radley)が受賞した。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング