フラワープリントはカラフル&フェミニンに【14SSトレンドまとめ】

FASHION HEADLINE / 2014年1月10日 13時0分

写真

ニナリッチ 14SSコレクション

FASHION HEADLINEでは、2014年春夏のトレンドを10のキーワードから読み解く。第5回は花柄。色とりどりのバリエーション豊かなフラワープリントがそろった。

「ニナリッチ(NINA RICCI)」は、フラワーガーデンをサテン地にプリント。スカートがふわりと揺れるミニドレスやカーディガンなどフェミニンなアイテムに仕立てた。

花々が咲き乱れる楽園のような会場で発表されたのは「ディオール(Dior)」。バラ柄のビスチェドレスにステッカーを張ったようなアバンギャルドなデザイン。描かれたワードは、ラフ・シモンズが考えた新しい未来の色の名前。

「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」の花柄は、パリの装飾美術館のアーカイブをリワークして生み出されたもの。ポピーやチューリップのモチーフが多用された。

90年代のフレンチスタイルを提案した「ポール & ジョー(PAUL & JOE)」は、野花のリバティープリントのコートを、チェックのシャツとピンクのパンツに合わせている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング