オーストラリア発ニットブランド「サンデー・ガニム」、渋谷西武に限定オープン

FASHION HEADLINE / 2014年2月13日 10時0分

「サンデー・ガニム(SUNDAY GANIM)」ポップアップショップ(西武渋谷店B館地下1階)

オーストラリアのデザイナーズ・ニットブランド「サンデー・ガニム(SUNDAY GANIM)」のポップアップショップが西武渋谷店B館地下1階にオープンしている。会期は3月9日まで。

会場は、2013年7月に同店にオープンした、最新のインテリアショップを集めた「リビング エディション(Living Edition)」フロアに位置するスペース「プレビュー(Preview)」で開催。Previewは、「未来の価値を表示する」をコンセプトに、これから活躍が期待されるクリエーターがプロダクトやアートピースを展示販売するスモールギャラリーで、「MIRU DESIGN」クリエーティブディレクター・青木昭夫がキュレーションを手掛けている。

ショップでは、最高級の天然素材にこだわったオーストラリア産のメリノウールや、手摘みエジプトコットンを使用したブランケットやマフラーなどをラインアップ。美しい色彩と模様が特徴で、マフラーは親子やカップルで楽しめ、ギフトにも好適なアイテムがそろう。

サンデー・ガニムは、オーストラリア・メルボルン市を拠点に活躍しているテキスタイルデザイナー。ファッションデザイナーの母の影響もあり、幼少の頃からカラーやグラフィックのセンスに優れた才能を発揮。ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT University)卒業後、ブランド「SUNDAY GANIM」を立ち上げ、精力的にテキスタイル作品を発表。2010年、甥が誕生したことをきっかけにベビーブランケットを商品化。その後、スカーフなどアイテムの幅を拡大し、ショップコラボレーションやオーダーメイドなども行っている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング