ナイキのジョーダン新作は、ニューオーリンズのムード表現

FASHION HEADLINE / 2014年2月21日 14時0分

「ジョーダン・クレセントシティコレクション」

「ナイキ(NIKE)」は、アメリカ・ニューオーリンズの景観や文化を表現した新作スニーカー「ジョーダン・クレセントシティコレクション」を発表した。

ニューオーリンズは、クレセントシティ、ビッグ・イージーなどの愛称で知られる港湾都市。植民地時代の古い町並みを残した世界有数の観光都市かつ、ジャズの発祥地として名高い音楽の都、更にバスケも盛んなスポーツの地でもある。

コレクションには、全体的にインフラレッドをアクセントに使った鮮やかなカラーが用いられている。カーメロ・アンソニー、ブレイク・グリフィン、クリス・ポール、ラッセル・ウエストブルックといったジョーダンファミリーのバスケットボール選手達も同コレクションを着用している。

ラインアップは、「JORDAN スーパー.フライ 2 ALL STAR」(1万6,800円)、「JORDAN CP3. VII ALL STAR」(1万5,750円)、「JORDAN XX8 SE ALL STAR」(1万9,950円)が15日より販売中。「JORDAN メロ M10 ALL STAR」(1万8,900円)を3月15日より、ナイキ公式オンラインストアやナイキ原宿などの一部店舗で販売開始する。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング