ライゾマ真鍋、MIKIKOらPerfumeチームが伊勢丹ディレクション。花々祭開幕

FASHION HEADLINE / 2014年2月26日 11時0分

MIKIKOの振り付けで踊る武藤彩未を真鍋大度がディレクションした伊勢丹「花々祭」ビジュアル

「ライゾマティクス(Rhizomatiks)」の真鍋大度は、2月26日から行われる伊勢丹「花々祭」キャンペーンのアートディレクションを担当し、イメージビジュアルを製作した。クリエーティブディレクションは後藤繁雄、撮影は鈴木親が行った。

アートディレクションのテーマは「ダンス」。ビジュアル製作では、Perfumeも所属するアミューズから今春メジャーデビューする若手・武藤彩未が「サカイ(sacai)」のドレスをまとって踊り、真鍋がその踊りの軌跡を映像化。アナログとデジタルの掛け合わせ、他の要素を排除したシンプルなビジュアルとなった。ポージングは「パフューム(Perfume)」の振り付けを手掛けるミキコ(MIKIKO)がディレクションした。

伊勢丹では同キャンペーンのファッションディレクションに「ハイインパクト・ピンク」を掲げ、インパクトの強いピンクのカラーから、自分らしさや好みを主張する、個性的なスタイルを提案する。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング