A.P.C.のデニムシリーズにストレッチなど新素材&新モデルが登場

FASHION HEADLINE / 2014年3月4日 14時0分

「A.P.C.」デニムの新コレクションより

「アー・ペー・セー(A.P.C.)」のデニムシリーズに、新素材とモデルが加わった。ジャン・トゥイトゥが1987年に開発したブランドを代表するアイテムであるノンウォッシュのインディゴ・ジーンズは、シンプルなデザインと厳選された型数、そして素材の硬さなどが特徴だったが、今回、大幅にバリエーションを追加。日本で開発された新たなストレッチデニムも使用されている。

ウィメンズでは、3種のストレッチデニムが登場。キースタイルの「Jean Moulant」(1万9,000円、2万1,000円)は、ウエスト位置が若干高く、脚にぴったりと沿うのが特徴。短めのレングスと浅めのウエストの「JEAN ETROIT COURT」(1万9,000円、2万1,000円)、ストレッチデニムでハイウエスト、ワイドレッグで70年代の雰囲気を持つ「JEAN TAILLE HAUTE」(1万9,000円)の他、ショート丈でフロントポケットの付いた70 年代風スタイルのデニムスカート(1万5,000円 )もそろう。いずれもストレッチデニムを採用している。

メンズでは、ストレッチデニムと、染色されたブラックデニムとウォッシュドデニムも初めてコレクションに加わった。既存の「NEW STANDARD」「PETIT NEW STANDARD」モデルのストレッチデニム(各2万1,000円)や、ワークウェアからインスパイアされたシェイプと胸ポケットがアイコニックなデニムジャケット(2万5,000円)、クラシックなアメリカーナ・デニムジャケット(2種、各2万5,000円)がそろう。

A.P.C.全店舗と公式オンラインショップで取り扱う。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング