伊勢丹メンズビジネスフロアがリモデル。世界一のテーラーフロア目指す

FASHION HEADLINE / 2014年3月4日 18時0分

メンズ館新4階「インターナショナル ラグジュアリー」フロア(パース)

伊勢丹新宿店メンズ館は、主にビジネスウエアを取り扱う同館4・5階を3月12日にリモデルオープンする。4階は「引き継がれる正統性」、5階は「テーラークロージング」をコンセプトに再編する。

メンズ館新4階は、フロア名を「インターナショナル ラグジュアリー」と称し、流行とは一線を画した普遍的な商品を取りそろえ、世界基準の商品やサービスを提供することを企図。既存のイタリアンクラシコゾーンに加え、ブリティッシュスタイルのアイテムで構成される編集ゾーンも新設。同フロアでは、顧客の多様な要望に応えるべく、カスタムメイドを強化する。オーダーメイドプレミアテーラリングのコーナーには「ロンドナー(Londoner)」「トレンザ(TRENZA)」が新登場。仮縫いの状態から試着、ピン打ちをするというオーダー方式でイージオーダーやフルオーダーに近い補正が可能となる。

新5階は、フロア名を「ビジネスクロージング」に改め、サイズ、素材、スタイルの拡充を図り、多様なシーンに対応するビジネスウエアを提案する。新設される「ハウス・オブ・テーラー(HOUSE OF TAILOR)」では8人の日本人テーラーがそれぞれの世界観を表現する他、伊・英・米をそれぞれ代表する「ナポリ クラシコ」「イングリッシュ ドレープ」「オーセンティック アメリカン」3型の伊勢丹メンズオリジナルのスーツモデル展開を開始する。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング