SENSE守谷編集長が9ブランドとリレートーク--本間、三原、渡辺編--3/3

FASHION HEADLINE / 2014年3月6日 18時0分

守谷編集長(左)とマスターマインド・ジャパンのデザイナー本間正章

7人目の登壇は、2月23日に国立代々木体育館で開催されたSENSEフェスの中で、オーケストラの演奏をバックに100体を越える豪華なランウエイショーを披露した「マスターマインド・ジャパン(mastermind JAPAN)」デザイナー本間正章。

「フェスを実現させるまでの間、幾度も心が折れた。その度に本間さんに助けてもらった」と語る守谷に対し、本間は「マスターマインドでもオリジナルであることを強く意識しており、初めてやることを決断したSENSEのインディペンデントな姿勢に共感した」と答えた。今後の活動は未定としながらも、「お客さんが喜んでくれることならば、明日にでも動き出したい気持ちだ」とコメントした。

8人目のゲストは、現在パリでコレクションを発表している「ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)」デザイナーの三原康裕。定番アイテムを作らず、毎シーズンまったく新しいコレクションを提案するスタイルを貫く三原。「胸にワンポイントがあるシンプルなシャツを作ったこともあるが、まったくオーダーが付かなかった。定番は僕には求められていないみたい。僕だってシンプルな白シャツも着るよ」と答え、会場は笑いに包まれた。「自分は日本語でも英語でもなく、ファッションという言語で世界に伝えていくことがある」というシリアスな一面も見せた。

ラストに登場したのは「ベドウィン・アンド・ハートブレーカーズ(BEDWIN & THEHEARTBREAKERS)」の渡辺真史。全身ブルーのコーディネートで登場。「ベドウィンには、パンツの名作が多い」とコメントする守谷に対し、渡辺は「アイテムの選択が少ないメンズファッションで重要なアイテム。自分が好きなスケートカルチャーからヒントを得たパンツもある」と答えた。同企画タイトルにもある“黒”のイメージを聞かれた渡辺は「僕にとっては、自分の個性をかき消すくらい強く、好きな反面、難しい色」だと語った。

1/3に戻る。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング