伊藤忠がエドウイン支援を正式発表。完全子会社化

FASHION HEADLINE / 2014年3月11日 16時35分

伊藤忠商事は、国内最大手のジーンズ製造・販売業者エドウイン・ホールディングスの全株式を取得して完全子会社化することで合意し、さらに2014年3月10日付けでスポンサー契約を締結した。

エドウイン・ホールディングスを持株会社とするエドウイングループは、自社ブランド「EDWIN」「SOMETHING」等の製造・販売に加え、米ジーンズブランド「Lee」「Wrangler」や、フライトジャケットで知られる米ミリタリーブランド「ALPHA INDUSTRIES」等のライセンスビジネスを展開している。しかし2012年には為替デリバティブ等による巨額の損失が発覚。2013年11月に私的整理である事業再生ADRを申請を行なっていた。

スポンサーとしては伊藤忠商事の他、アパレル大手ワールドや豊田通商なども名乗りを挙げていたが、エドウイングループとの長年にわたる取引の中で素材・商品開発、ブランド導入、販路開拓や信用補完など同グループの発展に幅広く貢献してきた伊藤忠商事が有力視されていた。

今後は、エドウイングループの伝統と独自性を尊重しつつ、本業であるジーンズ事業を再強化すると共に、ジーンズ以外の商品ラインアップの拡充も図るという。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング