シブフェス今年の顔は松岡モナ。ダサいファッションに10万支給

FASHION HEADLINE / 2014年3月16日 13時0分

シブフェス.5、メインビジュアルは松岡モナ

「シブヤ ファッションフェスティバル実行委員会」は、3月17日より開催される東京コレクションウィークに合わせ、渋谷区とアパレル企業が協働して街全体を繋げるイベント「シブフェス.5(SHIBUYA FASHION FESTIVAL.5)」を22日に開催する。

メインビジュアルには、15歳のモデル・松岡モナを起用。「シブヤの春」をテーマに、フレッシュでパワフルな気分を花々とカラフルな色彩で表現した。

「シブヤ集合。」を合言葉に、渋谷区の百貨店やファッションビル、セレクトショップ、飲食店など200以上のショップで店内パーティーやワークショップなどのスペシャルイベント、1日限定セールや限定アイテム販売、facebook「いいね」を使用したスタンプラリーなどを実施。オープン10周年の「ゴールディ アッシュ・ぺー・フランス(goldie H.P.FRANCE)」はアーティストの大原舞とのコラボによるレセプションパーティー、「シップス(SHIPS)」は商品10%オフに加え時間限定でブレンドアロマのプレゼントを行う。

リクルート「ショプリエ」とのコラボにより、22・23日来場者を対象とする総額2,600万円の「渋谷ファッション手当」も支給。先着5,000名が対象となる5,000円の「通常手当」、SNSで友人から「ダサい」と推薦されるほど当選確率がアップする「ダサい人」10名を対象とした10万円の「緊急特別手当」の2種を用意する。

渋谷のハチ公像もドレスアップ。デザインはファッションやデザインを学生から公募し、シブフェス当日は選出された学生の作品を着用する。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング