子供へと逆行するラマルク【14-15AW東京】

FASHION HEADLINE / 2014年3月18日 13時0分

ラマルク14-15AWコレクション

文化ファッション大学院大学卒業後の2011年に自身のブランド「ラマルク(LAMARCK)」を設立した森下慎介。13-14AWシーズンからメルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京に参加している。

ブランドコンセプトに「前進的進化」を掲げ、素材作りや美しいテーラリングなどしっかりとした服作りを行っており、個人的に東京で注目している若手デザイナーだ。3月17日に発表した14-15AWコレクションはコンセプトの逆をいく「退行的進化」をテーマに謳った。

「矛盾する二つの言葉に引かれた。今回のキーワードはギャップ」と森下。披露されるルックは前半がライダースやスリムなタキシードパンツなどソフィスティケートされたエレガントな表情。ショーが進むに従い、ネイビー、レッドなどの色が出現。オーバーサイズのコート、幾重にも切り替えられフレアが出されたミニスカート、同様のスカートと細身のジャケットとのアンサンブル、フレアスカートのストラップワンピースなどフィット&フレアにボリュームが変化した。スクールガール風のスタイルもある。「大人から子供へと逆行する様を描いた」(森下)。ジュエリーデザイナー・マイコタケダによるOHPフィルムの装飾が付いたバッグもおもちゃのような雰囲気が気に入っての採用だ。

彼の言うギャップはシルエットだけに留まらない。前半に登場した黒いニットの上に黒で刺繍されたレース模様は、後半色を持ち、ボディとの差異をはっきりさせて再登場。また、素材でも表現する。白黒のツイードのようなボリューミーなコートは白・黒の太糸をよって1本にし、細いポリプロピレンと編んだニットコート。オーバーサイズのコートは布帛でも種々登場したが、ざっくり感でギャップを出している。

ブランドらしく光沢素材が随所に取り入れられているのは相変わらず。森下は、「インダストリアルな雰囲気に引かれる。自然とこういう素材使いになってしまう」と笑う。一見、テーマの通り前回から退行したかと思ったが、紐解くとデザイナーのクリエーションが見える秀逸なコレクションとなった。そこもギャップであろう。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング