何ものにもとらわれないミントデザインズ【14-15AW東京】

FASHION HEADLINE / 2014年3月18日 21時0分

ミントデザインズ14-15AWコレクション

「ミントデザインズ(mintdesigns) 」14-15AWコレクションが3月18日、東京・恵比寿のザ・ガーデンホールで発表された。デザイナーは勝井北斗と八木奈央。今シーズンのテーマは「It′s A (アナ-キー)mintdesigns.」。

10周年以降、新たな表現や方向を模索してきたようなデザインを発表してきたが、今回はレザーやスタッズ、安全ピンなどを使い、パンクのスピリットである何にもとらわれない自由な表現やハードなイメ-ジを追求した、ストレートで、リズム感やスピード感のあるコレクションを見せた。

オールスタンディングで、ライブ会場のように観客がランウエイを見上げる中、登場したのはレザーのライダースジャケットとクラシックな旅行カバンを思わせる、たくさんのベルトで全身を覆ったようなプリントのワンピース、安全ピンを並べたドレス。スタッズとブランドを象徴する人の形のモチーフを乗せたレザ―。

モデルの髪には、たくさんのボタンが飾られ、安全ピンが顔を覆う。ドット柄のドレスやコートの水王の中にはアナーキ-スピリットを表すAが描かれているものもある。2枚重ねて縮ませることで、ベルべットのベルトをしているように見せたデザインなど、ミントデザインズらしい素材や加工はあるものの今回はストレ-トでわかりやすい表現が多く、シフォンなどにオパール加工施すことでキラキラした雰囲気を表現した素材も柄は安全ピンになっている。また、久しぶりにメンズも登場した。

「前回の抽象的な表現も、それはそれで楽しかったし、見せきれたと思ったが、自分たちが最初ファッションに触れた頃のような、純粋に上がる気持ち、理由がない感じで作った方が今の自分達に良いと思った。コンセプトに縛られたく無かった」と八木。勝井は「学生時代のように、ノリや気分でリズム感やスピード感のあるコレクションを作りたかった。楽しんで見てもらい、楽しんで着てもらいたいという思いを込めた」と話した。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング