東京復帰のミハラヤスヒロが見せる若冲モッズ【14-15AW東京】

FASHION HEADLINE / 2014年3月21日 13時0分

ミハラヤスヒロ 14-15AWコレクション

「ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)」が3月21日、東京・表参道の旗艦店でメンズとウィメンズの14-15AWコレクションのショーを開催した。日本国内でのショーはメンズは8年振り、ウィメンズは3年振り。

初披露となったウィメンズのテーマは「BOTAN」。伊藤若冲の作品に描かれた牡丹の花の繊細なイメージにモッズやストリートなどメンズのスタイルを重ね合せた。

チェスターフィールドコートやライダースジャケット、ワイドパンツ、ローゲージニットなどに、バックスタイルにバッスルのようなフレアを施したシャツやミニスカートを合わるなど、テーラードとストリート、マスキュリンとフェミニンをレイヤードしてスタイルを作り上げていく。アウターは、テーラードジャケットにデニムジャケットのラペルパーツだけを取り付けて重ね着風に見せたものも多い。

スウェットに西陣織のフレアを施したトップスは、今季を象徴するようなアイテム。柄は、若冲の絵がモチーフ。袖にボリュームを持たせたトップスは、見頃部分をぴったりと体に添わせ、シルエットのコントラストを強調することでストリートスタイルと一線を画した。全体のアクセントとしてミンクファーが使用され、ウエアやシューズにフェミニンでラグジュアリーなムードをプラスした。

また、ヘリンボーンの生地はハリスツイード社のもの。一見クラシックなコートやスーツを、異なる柄の生地をフロントとバックで切り替えて使用することで新鮮なイメージに仕上げている。

メンズは、1月にパリでインスタレーション形式で発表されたもの。「May Day」をテーマに、1950から60年代の日本の若者が愛したモッズスタイルをベースに、若冲の作品や西陣織も用いながら独自のスタイルを追求している。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング