ユナイテッドアローズ、ECから店舗に商品取り寄せサービス開始

FASHION HEADLINE / 2014年4月1日 9時0分

ユナイテッドアローズ、店舗に商品取り寄せサービスをECサイトで開始

「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」は、公式オンラインストアにおいて店舗へ商品を取り寄せ試着が予約できるサービスのテスト運用を、「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing、以下GLR)」5店舗で3月31日より開始した。

オンラインストア上で展開するGLRの商品を対象店舗に取り寄せ、実際に店頭で試着が可能。オンラインストア上で展開中かつ物流センターに在庫がある商品は、対象店舗で通常取り扱いのない商品でも最大5アイテムまで取り寄せ可能。関東エリアならば4日目以降、その他エリアなら6日目以降より来店予約ができ、その日より1週間にわたり指定店舗で取り置きされる。実際に店舗に足を運ぶことで、店舗空間や店舗スタッフからの商品紹介、スタイリング提案などを楽しんでもらうことを企図。対象店舗となるのは、渋谷マークシティ、ルミネ新宿及び有楽町、二子玉川ライズ、ららぽーとのGLRショップ。

今回の取り組みは、ユナイテッドアローズが掲げる経営方針の一つ「O2Oリーディングカンパニーへのチャレンジ」の一環。同社はオンラインストアにおける店舗在庫表示や商品検索機能、ハウスカードポイントカードの連携など、ECと店舗との連動を積極的に推進しており、昨年には店舗でカスタマーに商品の品番を記した「商品メモカード」を配布しオンラインストアでの購入を案内する、店舗からECへの取り組みも開始。今年1月には、最新の商品情報やスタッフスタイリングの閲覧などが簡単にできるオンラインストアのスマートフォンアプリをリリースしている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング