アトウの進化した軽い黒【14-15AW東京】

FASHION HEADLINE / 2014年4月17日 19時0分

アトウ14-15AWコレクション

デザイナー・松本与手掛ける「アトウ(ato)」は14-15AWコレクションを発表した。テーマは「BLACK COMPOSITION(黒の構造)」。

重たくなりがちな黒に白とパステルカラーのラインを溶け込ませ、スポーティーかつ軽さのある黒いメンズウエアを披露。ミニマムなジャケットやブルゾンなどのアウターにはラインを引いたジレ、タートルネックニットなどを合わせる。一見とてもシンプルだが、ブランドらしく体にフィットするカッティングがなされている。定番かつ究極にプレーンなトレンチコートやドレスシャツ、レザーブルゾンには襟や肩章にメタルプレートを配置してマイナーチェンジした。

ボトムはリラックス感あふれるクロップ丈がメイン。裏毛スウェット、レザー、ウールギャバなどで製作。足下はホワイトソックスにアンクルブーツを合わせている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング