3.1フィリップリムの未来風メイクは、みずみずしくきらめく質感が主役

FASHION HEADLINE / 2014年4月22日 17時0分

メイクもイリデッセント(偏光)なテクスチャーを意識

14SSコレクションのランウエイから今春夏メイクのヒントを紹介するシリーズ。2回目はニューヨークの「3.1 フィリップ リム(3.1 Phillip Lim)」。

ホログラムのアイウエアに合わせ、メイクもイリデッセント(偏光)なテクスチャーを意識。目元にはスティックタイプの淡いピンクのハイライトカラーや、アイシーブルやゴールドラメなどで輝きを添えた。光の加減や見る角度によって目元が虹色の光を帯び、フューチャリスティックなイメージ。

偏光パールは、しみやくすみをソフトにカバーしてくれる効果が期待でき、涙袋の部分に使えば、大きくうるんだ瞳を演出できる。ただし、使いすぎるとギラギラとした印象になってしまうので、少しずつ適量に重ねて調節するのがおすすめ。

アイラインは控えめに、ベースメイクもナチュラルな透明感を意識して仕上げることで、水面から反射する光を受けているような健康的なイメージを作り出す。口元は淡いパープル系のリップグロスをラフにつけた。ネイルはローズゴールド。

リード・アーティストは「ナーズ」のフランセル・デイリー(Francelle Daly)。リード・ネイリストは同じくナーズのエリザ・フェリ(Elisa Ferri)。メイク使用アイテムは、「ピュアラディアントティンティッドモイスチャライザー」「ザ マルティプル」「コンシーラースティック」「デュオアイシャドー」「クリームアイシャドー」「シングルアイシャドー」「ブローパーフェクター」「ラージャーザンライフリップグロス」「ネールポリッシュ N」など(すべてナーズ)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング