パドカレの牧歌的なシンプリシティ【14-15AWウィメンズ】

FASHION HEADLINE / 2014年4月22日 20時0分

パドカレ 14-15AWコレクション

「パドカレ(pas de calais)」の14-15AWコレクションのテーマは“Modesty モディスティ(謙虚さ)”。自分をとりまく世界に流されない、ビューコリック(BUCOLIC=牧歌的)で自然を敬う有意義な生き方を、余剰を省いたシンプルなデザインで表現した。

レンガ、カーキ、ベージュ、グレー、ネイビーといったアースカラーに、アシッド系のグリーンやイエローでアクセントを付けた。カシミアのコートやモヘアやアルパカのニット、ツイード、ブランケットチェックなど、秋冬らしく温かみのある要素も加えている。

カーディガンを使った巧みなレイヤードスタイルを提案。ボトムスはゆったりとしたパンツを筆頭に、柄物のワンピースやスカートなども登場した。ボリュームファーやベルトをアクセントで用いているのも印象的だ。

スタイリストは、ソーホーのショップオープンのレセプションショーでもスタイリングを担当した 、NYを拠点に活躍するエミリー・バーンズ (Emily Barnes)を再度起用。また、パリと東京を中心に活動するビジュアルディレクター・フォトグラファーのモート・シナベル・アオキ(Mote Sinabel Aoki)によるパドカレのイメージムービーも織り交ぜ、昨年4月にオープンしたニューヨーク・ソーホーのフラッグシップストアでプレゼンテーション形式で発表された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング