ジル・サンダー新クリエーティブディレクターに元ヴィオネのロドルフォ・パリアルンガ就任

FASHION HEADLINE / 2014年4月30日 23時7分

ジル・サンダー新クリエーティブディレクターに就任したロドルフォ・パリアルンガ

ジル・サンダー グループは4月29日、「ジル・サンダー(JIL SANDER)」の新クリエーティブディレクターにロドルフォ・パリアルンガを指名した。彼の初コレクションは15SSウィメンズファッションウィークにて披露される。

パリアルンガはイタリア出身。「ロメオ・ジリ(ROMEO GIGLI)」からキャリアをスタート。96年から在籍した「プラダ(PRADA)」ではウィメンズウエアのデザインディレクターを担当。2009年には「ヴィオネ(VIONNET)」のクリエーティブディレクターに就任した。

ジル・サンダー グループのアレッサンドロ・クレモネージCEOはパリアルンガについて、「(ブランドの)クリエーションの水準を高めてくれるにふさわしい才能を持つ人物だと確信している。彼の研ぎ澄まされたアプローチは、ブランドの価値を向上させ、ブランド財産に更なる革新性と現代性を与え続けてくれるだろう」と評価。

パリアルンガは、「このブランドに限りなく大きな憧れを抱いていた。洗練、ラグジュアリー、革新の融合を更に推し進め、ブランドを高い次元に導いて行きたい」とコメントを発表している。

同ブランドは創業デザイナーのジル・サンダーが14SSシーズンで3度目となる辞任を発表。14-15AWシーズンはデザインチームでコレクションを発表していた。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング