ヴィアバス、エチオピア宮廷一族末裔ジュエリーの販売開始。ミッドタウンでオーダー

FASHION HEADLINE / 2014年5月3日 19時0分

リザ ベラチュウの着用イメージ

「ヴィア バス ストップ(VIA BUS STOP)」は、エチオピア帝国宮廷一族の末裔が手掛けるジュエリーブランド「リザ ベラチュウ(Liza Belachew)」の取り扱いを開始した。

5月26日まで、ヴィア バス ストップ六本木ミッドタウン店にスペシャルコーナーを設置。通常時は取り扱いがないアイテムも、完全受注生産でオーダー可能となる。また、代官山とミッドタウン、渋谷ヒカリエのヴィア バス ストップ店舗では、購入者を対象にブランドの「フラワークロス(FLOWER CROSS)」をモチーフとしたアニバーサリーハンカチをプレゼント。

リザ ベラチュウは、エチオピア帝国宮廷画家の末裔である父と日本人の母の間に生まれたリザ・ベラチュウがデザインを担当。エチオピアのアートや文化、自然などをモチーフに、リング、ネックレス、ピアス、ブレスレットの4種80点以上のファインジュエリーを提供。ファーストシーズンは、エチオピア正教の宗教画をモチーフとした「コプトシリーズ」、エチオピアのバラを表現した「エチオピアンローズシリーズ」の二つのテーマを設定し、18金ゴールドをベースにダイアモンドやルビー、サファイアなどの貴石や半貴石を用いたジュエリーを発表した。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング