マイケル・コース 、上海空港で3Dのスペクタクルショー開催

FASHION HEADLINE / 2014年5月16日 15時0分

マイケル・コースが上海旗艦店オープン記念イベントを上海虹橋国際空港内で開催

「マイケル・コース(Michael Kors)」が、1月に上海・静安(ジンアン)のショッピングモール・ケリーセンターに中国初の旗艦店オープンしたのを記念し、 中国上海虹橋国際空港内でスペシャルイベント「ジェットセット・エクスペリエンス」を5月9日に開催。中国国内外から多くのゲストが招かれた。

目玉は、「エクスクルーシブ・ファッションショー」。マイケル・コースの過去のアーカイブ・ルックから、ブランドのアイデンティティを象徴するで「ジェットセット・コレクション」までが披露された。 ジェットセット感をショー全体のテーマとし、マイケル・コースのお気に入りの4都市である、上海、NY、カプリ、サン・モリッツを様々な光、LED、ストロボ等を駆使し3Dで表現し、まるで観客が各地へ瞬間移動しているような感覚を覚えさせる演出がなされた。更に、ランウェイショーやホログラムの動画やライブなども加わり、斬新でダイナミックなショーとなった。これらの表現には、「ミュージオン・アイライ ナー(Musion Eyeliner)」というビデオ・プロジェクション・システムを採用している。

このイベントには、女優のヒラリー・スワンク(Hilary Swank)、フリーダ・ピント(Freida Pinto)、カミーラ・ベル(Camilla Belle)、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー(Rosie Huntington=Whiteley)らも参加し、日本からも冨永愛がショーのモデルを務めた。

前日には、マイケル・コース・ケリーセンター店にてオープン記念を祝したカクテルパーティーが開催された。 デザイナー本人を始め、モデルのミランダ・カー(Miranda Kerr)、イザベリ・フォンタナ(Isabeli Fontana) 、マイケル・コースの広告ビジュアルモデルも務めるカルメン・ペダル(Karmen Pedaru)、香港人女優のカリーナ・ラウ(Carina Lau)、中国人女優のカオ・ユエンユエン(Gao Yuanyuan)、台湾人モデルのリン・チーリン(Lin Chiling)、中国人モデルのミン・シー(Ming Xi)らが駆け付けた。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング