LA発bebe、“病み付きになる”香水発売

FASHION HEADLINE / 2014年5月23日 10時0分

bebe、シグネチャーフレグランス・bebeヌーヴォー発売

米・ロサンゼルスのレディースアパレル&アクセサリーブランド「ビービー(bebe)」は、シグニチャーフレグランス「ビービー ヌーヴォー オーデパルファム」(30ml/5,000円、50ml/7,500円)を発売した。

ビービーCEOのスティーブ・バークホールド(Steve Birkhold)が「情熱や深みを表現した病みつきになる香り」と話す当フレグランスは、前向きで洗練された女性像をイメージしたムスキーフローラルノート。シチリアングレープフルーツとマルメロネクターのトップノートをブラックオーキッドムスクやタヒチ産フランジパニなどが織りなすミドルノートが引き継ぎ、ゴールデンアンバーやバニラムスクのドライダウンが締めくくる。調香はパトリシア・シュー(Patricia Choux)が担当。

発売を記念して、50mlサイズを購入するとブランドのロゴが入った黒いトートバッグがプレゼントされる。

ビービーは、1976年にサンフランシスコでファッションブランドとして誕生。シェークスピアの『ハムレット』内の有名なセリフ「to be or not to be」がブランド名の由来で、固定観念に捉われない態度や考え方を示している。スポーツカジュアルやドレス、カジュアルウエアを取り扱い、カナダとアメリカに250店舗、海外50店舗を構える。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング