KINFOLK世界初写真展、ディーゼル渋谷で開催。カフェで限定メニューも

FASHION HEADLINE / 2014年5月27日 11時0分

世界初のキンフォーク写真展、ディーゼル渋谷で開催

ポートランド発のライフスタイルマガジン『キンフォーク(KINFOLK)』の世界初となる写真展「ザ・シェアード・テーブル(THE SHARED TABLE)」が、東京・渋谷の「ディーゼル・アート・ギャラリー(DIESEL ART GALLERY)」(東京都渋谷区渋谷1-23-16ココチ地下1階)にて5月30日から8月15日まで開催される。

展示は写真家、ライター、スタイリスト、シェフなど『キンフォーク』に携わる人々が囲む一つのテーブルのような世界観をイメージ。会場には、ビーチライフを送るカリッサ・ギャロ(Carissa Gallo)と旅行家のローラ・ダート(Laura Dart)ら、創刊当時からかかわっていたフォトグラファー2名の作品を展示。キュレーションは、クリエーティブディレクターの木之村美穂が担当する。

5月31日には『キンフォーク』創設メンバーの1人であるケーティ・サール・ウィリアムズ(Katy Searle-Williams)とダートのサイン会を開催。通常はキンフォークディナー参加者のみが受け取れるオリジナルメニューのプレゼント、関連書籍の販売も実施。「ディーゼル渋谷(DIESEL SHIBUYA)」併設の「グロリアス・チェーン・カフェ(Glorious Chain Cafe)」では「静岡県産富士の鶏胸肉のソテー」や「オレンジとアーモンドのパウンドケーキ」などキンフォークの世界観に合わせた限定メニューを提供する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング