総額2億円のジュエリーを身に付け、ブルガリ130周年記念をユマ・サーマンやすみれがお祝い

FASHION HEADLINE / 2014年5月30日 19時0分

女優のユマ・サーマン氏とブルガリグループCEOのジャン-クリストフ・ババン氏

「ブルガリ(BVLGARI)」は、今年で創設130年を迎えるのを記念し、5月29日に東京・網町三井倶楽部でパーティーを開催した。

会場には映画『キル・ビル』などで知られるハリウッド女優のユマ・サーマンさんが駆けつけた。来日は数年振りというユマさんは、ブルガリのネックレス、ピアス、リングなど総額3,000万円のジュエリーを身につけて登場。これらのアイテムについて、「エレガントさではパーフェクトで、これ以上に美しいダイヤモンドはない。アイコニックなアイテムを数多くデザインしているブルガリの中でも、なかなか手に入らない偉大なレベルの美しさだと思う」と語った。

また、石田純一の娘で女優・歌手のすみれさんも、総額7,950万円のジュエリーを身に着けて登場。ネックレスはカラーサファイア256石をつなげたもので、ブルーだけでも16色と多彩な色合いを見せる。「カラフルで若さが評価されているジュエリーだが、爽やかで夏にも似合う色もあれば、ビビットなピンクで女の子らしさも出せる」と話した。

その他、タレントのパンツェッタ・ジローラモや、女優の寺島しのぶ夫妻なども、それぞれブルガリのジュエリーを身に付けて参加し、アニバーサリーを祝福した。ブルガリ・グループの最高経営責任者であるジャン-クリストフ・ババン氏は「ローマの本店もグランドオープンし、2014年はブルガリにとって重要な1年になるだろう」とコメントした。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング