ティファニーがパリに新旗艦店オープン。ジェシカ・ビールやヒラリー・スワンクらがお祝い

FASHION HEADLINE / 2014年6月12日 20時0分

ティファニー シャンゼリゼ店外観

「ティファニー(TIFFANY & CO.)」がパリのシャンゼリゼ通りに新しい旗艦店をオープン。ハリウッド女優のジェシカ・ビールやヒラリー・スワンクらがオープニングイベントに出席した。

3フロアで構成される店舗の広さはおよそ976平方メートル。各フロアは、シャンデリアと囲むようにカラカッタ大理石とライムストーン素材で作られたらせん階段でつながり、店内のダイヤモンドの美しさをより際立たせるよう、自然光を最大限に採り込むウィンドウを設置。ゆったりと買い物ができるようプライベートサロンも設えられている。また、1868年のパリ初出店から現在に至るまで177年間続く同ブランドとフランスのつながりをテーマとした写真や絵画も飾られている。

更に、オープンを記念して、世界で最も希少性の高いダイヤモンドの一つである「ティファニー ダイヤモンド」が期間限定で展示されている。ティファニー ダイヤモンドは、ティファニーの創業者チャールズ・ルイス・ティファニーが1878年に購入し、パリで128.54カラットにカットされたイエローダイヤモンド。計100カラットを超えるホワイトダイヤモンドのネックレスにセットされている。

6月10日に開催されたオープニングイベントでは、ジェシカ・ビール、ヒラリー・スワンク、フランス人女優のエマニュエル・セニエ、マリナ・ハンズ、メラニー・ドゥーテ、エルザ・ジルベルスタイン、イタリア人女優のカテリーナ・ムリーノなど、およそ300人のゲストが招待された。テープカットセレモニーの後、ティファニー ダイヤモンドを始めとするジュエリーの数々を店内で堪能。そこからシャンゼリゼ通りの西端にある凱旋門に移動し、凱旋門の屋上のテラスでパーティーが行なわれた。コンコルド広場のオベリスクがティファニーブルーに染まるという演出や、イギリスのシンガーソングライター・VVブラウンによるパフォーマンスなど、エンターテイメント性の高い演出も盛り込まれ、華やかな一夜となった。

尚、今回のオープンを機にティファニーはフランス文化財センター(CMN)に加盟し、フランスを象徴する文化財である凱旋門の修復活動を支援して行くことを発表している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング