資生堂パーラー、“最後までおいしい”真夏のパフェフェア開催

FASHION HEADLINE / 2014年6月30日 16時0分

資生堂パーラー銀座本店サロン・ド・カフェにて真夏のパフェフェア開催

資生堂パーラー銀座本店サロン・ド・カフェ(東京都中央区銀座8-8-3東京銀座資生堂ビル3階)は、7月1日から8月31日まで「真夏のパフェフェア」を開催する。

7月1日から31日までの第1弾では、東京ではなかなかお目にかかれないブランド桃「あらかわ桃」を贅沢に使った「和歌山県産 白桃パフェ」(1,806円)、ハイビスカスゼリーとグァバソースと共に南国気分たっぷりのアップルマンゴーを味わえる「沖縄県産 完熟アップルマンゴーのパフェ」(2,269円)、大粒ブルーベリーカフェを飾った「岐阜県産 ブルーベリーのパフェ」(1,695円)を用意。

8月1日から31日までの第2弾では、鮮やかな2色のメロンとシャンパンゼリーが涼しげな「北海道産 2色のメロンパフェ」(1,695円)、なめらかな食感の希少なキーツマンゴーを用いた夏らしい「沖縄県産 完熟キーツマンゴーのパフェ」(2,269円)、昭和35年誕生のレトロ感溢れる「国産 黄桃のオリエンタルパフェ」(1,806円)が登場。

どのパフェも「最後までおいしく味わってほしい」という意図の下、グラスの下層までフルーツゼリーや果物のコンポートがたっぷり入り、ボリューム感がある。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング