今年も銀座三越でスヌーピーイベント開催。伝統工芸とコラボした限定アイテムも登場

FASHION HEADLINE / 2014年7月9日 17時0分

銀座でスヌーピー展が開催されるのは1回目

銀座三越は、スヌーピーの最新グッズや定番アイテムが登場する「スヌーピー・イン・ギンザ 2014(SNOOPY in Ginza 2014)」を同店8階催物会場で7月30日から8月12日まで開催する。

1999年からスタートし、今回で16回目を迎える本イベントでは「花のお江戸物語」をテーマにした銀座三越オリジナルグッズが登場。越後屋を始め火消しや大工、駕籠かき(籠の担ぎ手)、飛脚など江戸の商人や町人になりきったスヌーピーとその仲間達が江戸の様々なシーンに溶け込んでいる様子を描いたバラエティーに富んだ約30種類以上のオリジナルグッズを取りそろえる。

今回は、伝統文化を現代に伝える熟練の技が生き続ける物づくりの街であり、江戸庶民文化の発祥でもある墨田区の地域ブランド戦略として立ち上がったブランド「すみだモダン」とスヌーピーのコラボレーションが実現。60年以上革製品を作り続けて来た老舗「二宮五郎商店」のコインケースやカードケースにはスヌーピーのイラストが刻印されている。昭和26年創業の「岩沢硝子」の発売当初から形や材料、技を変えず卓越した技術で作られた醤油が垂れない構造の「江戸前すり口醤油注ぎ」には着物を着たピーナッツのキャラクター達が描かれている。京都の和紙小物「わがみ小路」とのコラボレーションでは高級感のある金刷りが特徴の手染め友禅シリーズの「友禅紙扇子」「友禅紙祝儀袋」「友禅紙貼り箱」などが登場する。

また、8月10日のスヌーピーの誕生日を記念して、期日限定で「スヌーピーbyグランフール」の「スヌーピーショートケーキ」や“HAPPY BIRTHDAY”の焼き印がされた「エキスプレ・ス・東京 お酢屋銀座」の「ハッピーバースデーサワーレアチーズケーキ」(約12cm)などを販売。8月2・7・10日の3日間、同店9階銀座テラス/テラスコートにスヌーピーが来場し撮影会も開催される(各日12・14・16時で各回約30分)。

今月30日からの会期に先駆け、一部商品のオンライン販売が9日より開始している。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング