大阪エキスポランド跡、水族館や観覧車、シネコンそろう大型複合施設に

FASHION HEADLINE / 2014年7月18日 15時0分

「(仮称)エキスポランド跡地複合施設開発事業」イメージ

三井不動産は、大阪府吹田市の「(仮称)エキスポランド跡地複合施設開発事業」開発に7月17日着工した。開業は2015年秋を予定。

エンターテインメントとショッピングを融合させた大型複合施設で、大阪の新たなランドマークの創設が目標。延床面積約22万3,000平方メートル、店舗面積約8万8,000平方メートルで、約300のエンターテインメント施設や店舗が入居予定。地域コミュニティーの拠点となるだけでなく、関西全域からの集客、国内外の観光客の誘致にも取り組む。

エンターテインメントゾーンには、大阪天保山にある世界最大級の水族館・海遊館が手掛ける新たなタイプの水族館がオープン。日本最大級の観覧車、英語を学びながら楽しめる施設や人気キャラクターをテーマにした体験型の日本初「エデュテイメント(教育と娯楽の合成語)」施設、大自然を五感で体感する映像施設、超大型スクリーンを備えたシネコンも登場。

ショッピングゾーンにはファッションや雑貨、世界各国や地元のグルメなど、日本・関西初出店の店舗が多数そろい、あらゆる年代層が一日楽しめる時間消費型の施設を目指す。

当施設は、1970年にアジアで初となる万国博覧会が開催された後は遊園地として親しまれてきた。大阪モノレール「万博記念公園」駅前に位置し中国自動車道「中国吹田IC」や大阪府道2号大阪中央環状線などの主要幹線道路に近隣するアクセス良好な立地。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング