リタ・オラ、ロベルトカヴァリでマリリン・モンローに変身

FASHION HEADLINE / 2014年7月23日 12時0分

ロベルト・カヴァリ14-15AW広告にリタ・オラ登場

「ロベルト カヴァリ(Roberto Cavalli )」は14-15AW広告キャンペーンにイギリス人アーティストのリタ・オラ(Rita Ora)を起用した。

誘惑するような表情を浮かべるリタは、マリリン・モンローを連想させるゴージャスでセクシーなたたずまいながらも、初デートのときめきを表現する。プリントやレース、はめ込み細工が華を添えるしなやかなシルエットのコレクションには、バッグ「レジーナ(Regina)」などのアクセサリーが登場する。ニューヨークで撮影を手掛けたのは、イタリア人の若手フォトグラファー兼映像監督のフランチェスコ・カロッチーニ(Francesco Carrozzini)。

リタはコソボ出身、ロンドン育ちのシンガーソングライター。ジェイ・Z(Jay Z)やドレイク(DRAKE)、DJフレッシュ(FRESH)、コールドプレイ(Coldplay)と共演。女優としても活躍しており、世界的にヒットした官能小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(Fifty Shades of Grey)』の映画版にも主演の1人として登場する。

FASHION HEADLINE

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング