グッチが日本の伝統工芸とのコラボレーション。新作バッグ発表

FASHION HEADLINE / 2014年7月31日 12時0分

左から、中田英寿氏とグッチCEOのパトリツィオ・ディ・マルコ氏

元サッカー選手の中田英寿が代表理事を務める「TAKE ACTION FOUNDATION」が7月19日、日本の伝統工芸や文化、技術を再評価するイベント「REVALUE NIPPON PROJECT CHARITY GALA 2014 with GUCCI」を開催した。

“REVALUE NIPPON PROJECT”は2010年にスタートしたプロジェクト。“陶磁器”や“和紙”など毎回異なるテーマを設けて、さまざまな分野のアーティストやデザイナーがコラボレーション作品を発表している。今年のテーマは“型紙”で、プロダクトデザイナーの喜多俊之氏を始めとする全5チームが作品を出品した。

昨年に引き続きメインスポンサーを務めた「グッチ(GUCCI)」は、コラボレーション作品として「レディ ロック」と「ニューバンブーバッグ」の2品を共同制作した。これらの作品には、「伊勢型紙」の精緻な彫刻技法と、「甲州印伝」の革工芸技術が取り入れられている。CGパターンが施された黒の鹿革と最高級のカーフレザーを組み合わせ、「レディ ロック」にはアクセントとしてラゲージ スタイルのメタル クロージャーを配した。

この「ニューバンブーバッグ」は8月30日からグッチ銀座で先行予約を受け付ける。売上の20%は、日本の伝統工芸支援のために「TAKE ACTION FOUNDATION」へと寄付される。

その他、会場には白州信哉氏などの共同制作による「型紙自転車」などが出品された。この作品には現代自転車の原型を発明したイギリスと伊勢型紙の技術が生かされており、コラボレーションの中に伝統工芸の新たな価値を創造するというプロジェクトの趣旨を象徴している。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング