ジョナサン・サンダースは、トレンドムード漂う“くすみ”カラーメイク

FASHION HEADLINE / 2014年8月13日 17時0分

ジョナサン サンダース 14-15AWウィメンズコレクション

14-15AWコレクションのランウエイから今秋冬メイクのヒントを紹介するシリーズ。3回目は今シーズンのトレンドキーワードの一つ「オフ・カラー(OFF COLOUR)」を取り入れた「ジョナサン・サンダース(JONATHAN SAUNDERS)」。

くすんだ褐色系のカラーパレットは今秋冬のトレンド。目元には、ピンクや赤のクリーム系アイカラーを囲うようにのせた。透明感を残すため、あえてコンシーラーやファンデーションなどの下地を付けないのがポイント。仕上げにオレンジ系のアイシャドウをアイホール全体をぼかし、肌に馴染ませた。ブラシでタップするようにトントンとのせて、その後スライドさせるとカラーを綺麗にブレンドすることが出来る。

フェイスには、ファンデーションとコンシーラーを混ぜたものを、柔らかい毛のブラシでのせていく。更に上からパウダータイプのファンデーションかハイライトを鼻筋とチークボーンにのせ、光を集め反射させる効果をプラスした。こめかみとチークボーンにはシェーディングを入れると立体感のある仕上がりに。

リップは深みのあるワインレッド。唇の中央まで埋め込むように塗り、口角の辺りや唇のラインは強調せずに、綿棒を使ってぼかしていく。ここでは、アイシャドウのブラシをリップに使うのもオススメ。

使用アイテムは「プロ ロングウェア ペイント ポット」「マッチマスター ファンデーション SPF 15」「スタジオ フィニッシュ コンシーラー」「M・A・C ライトフル SPF25 ファンデーション」「スモールアイシャドウ オメガ」(全て「マック(M・A・C)」)など。

FASHION HEADLINE

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング